ホーム>BLOG>法人向けコラム>新型コロナで、運営している飲食店や施設で発生してしまった時に、保険はどうカバーしてもらえるか【保険・住宅ローンのトータルプランナー サンクフル・アイ】
法人向けコラム

新型コロナで、運営している飲食店や施設で発生してしまった時に、保険はどうカバーしてもらえるか【保険・住宅ローンのトータルプランナー サンクフル・アイ】

2020113021750.jpg

新型コロナ(COVID-19)の影響で、お客様が直接来店する宿泊業や飲食業、コンサート会場などの施設を提供しているところでは、アルコール消毒や「密状態を避ける」などの感染症対策をを施しながら運営をしていると思います。

 

でももし、感染症対策が万全でも感染者が出てしまったら・・・
今回は個人や企業が加入をする保険で、新型コロナの影響で保険がどこまで補償(保障)されるかを書いていこうと思います。

 

※2021年1月1日現在になります。日々補償(保障)内容は変わっていきますので、保険会社や代理店に最新情報を確認をすることをお勧めします。

 

目次

  1. もし、店内や施設で新型コロナウイルスが発生してしまったら・・・
  2. 新型コロナウイルスに対しての保険の提供状況について
    Q1.自分がもし感染してしまって入院をした時、保険で対応できる補償(保障)はありますか?
    Q2.新型コロナウイルスに対しての保険の提供状況について
    Q3.勤務先や店内、施設などで新型コロナウイルスが発生してしまった場合、保険で何か補償されるものはありますか?

 

 

もし、店内や施設で新型コロナウイルスが発生してしまったら・・・

 

日が経つにつれ、新型コロナウイルスのことがどういう病なのかが徐々に分かってきました。そしてその対策に関しても政府レベルで勧告しております。そして万が一店内や施設で発生してしまった場合の対応方法も示しております。

 

※店内や施設で万が一、新型コロナウイルスが発生してしまった場合の対応方法につきましては、下記のURLよりご覧下さい。

 

旅館等の宿泊施設における新型コロナウイルス感染症への対応について(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000594151.pdf

 

職場における新型コロナウイルス感染症への感染予防、健康管理の強化について(厚生労働省)https://www.mhlw.go.jp/content/11302000/000630690.pdf

 

食品等事業者に対する新型コロナウイルス感染症対策 の周知について(厚生労働省事務連絡)
https://www.pref.kanagawa.jp/documents/65120/4jimurenn.pdf

 

 

これからワクチンの接種も始まり、新規感染者も減ってくるようでしたら対応もまた変わってくるとは思いますが、まだまだ予断を許さない状況はこれからも続いてくるものと思われます。

 

 

新型コロナウイルスに対しての保険の提供状況について

 

ここでは、新型コロナウイルスに自分自身が感染してしまった場合や、企業内や店内の従業員などが感染してしまった時の保険はどのような対応となっているのでしょうか?弊社も実際に受けた質問をもとに書いていこうと思います。

 

Q1.自分がもし感染してしまって入院をした時、保険で対応できる補償(保障)はありますか?

A1.入院については『医療保険』や『傷害保険』で補償(保障)されます。ただし多くの傷害保険に関しては感染症に関する特約(オプション)の加入が必要などの条件がある保険会社がほとんどです。感染症に関する特約に関しては、新型コロナウイルスに対応するかどうかの確認をすることをお勧めします。

 

 

Q2.無症状や軽度の症状を理由に、医療機関ではなく自宅療養を余儀なくされた場合は補償(保障)対象にはなりますか?

A2.加入している保険商品の中には、通常では保障はされないけれど、医療機関の入院ではなく自宅療養を余儀なくされた方でも自宅療養を入院をしたと置き替えて保障される保険もございます。新型コロナの感染状況などで保障内容が変更される場合もございます。

 

 

Q3.勤務先や店内、施設などで新型コロナウイルスが発生してしまった場合、保険で何か補償されるものはありますか?

A3.当初は新型コロナウイルスに関連しての被害は対象外になっていましたが、保険の契約内容によっては、

●従業員が感染した場合の入院費や通院費などの治療費
●行政の指示により館内を消毒するために館内を閉鎖した休業費用
●感染防止の観点から設備・什器を撤去をした費用

 

など、補償(保障)の枠が拡大されるようになりました。こちらも感染状況などで補償(保障)の内容変更があるかもしれません。
 



これからも新型コロナに関する補償(保障)は変更が出てくる可能性がございます。特に新型コロナに感染してしまった後の生命保険や医療保険の引き受けに関しては各生命保険会社の『考え方』があり、各生命保険会社の引受条件がクリアできれば、新型コロナに感染した後でも契約可能な場合もあり、新型コロナに感染したら当面引受不可という厳しい条件から緩和化の傾向にあるようです。

 

まだまだ新型コロナの対策は続けていかないといけませんが、もし万が一感染してしまったり運営している施設で感染者が出てしまった時の金銭面の補償(保障)を受けておきたい時は、保険で対策してみるのもお考えしてみてはいかがでしょうか?


 

ご質問等はお気軽に『お問い合わせフォーム』からお問い合わせ下さい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.thankful-i.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/151

ページ上部へ