ホーム>ライフステージに応じて選ぶ・見直す

ライフステージに応じて選ぶ・見直す

こどもの独立 退職 老後

子どもの独立

子どもが独立したら、今加入中の保険の見直しを!

201410714328.jpg

子供の独立にともない、お子様に対しての教育費や生活費の負担が軽減されます。お子様がご結婚されると、今後は配偶者と二人の生活となる方も増えてくると思います。

どちらかに万が一のことがあった時に、相手が生活に困らない程度の生活費を確保しておきましょう。
加えて、年齢的に病気やケガのリスクが増してくる時期でもあります。医療保険やガン保険などでしっかりと万が一の備えをしておきましょう。
 
お子様に対して契約していた保障をしていた保険を見直して、保険料を個人年金や介護に対しての保障に付け足すのもよろしいかと思います。

 

医療保険

 

がん保険

個人年金保険

 

介護保険

 

退職

退職後の収入減や病気介護に備える

201410715831.jpg

退職後は定期的な収入が無くなり、これまでの貯蓄と公的年金を中心とした生活となります。毎日の生活リズムもこれまでと大きく異なり、ライフスタイルも変化します。

ゆとりある老後生活の準備と介護への備えをするとよろしいかと思います。

これまで加入してきた医療保険やがん保険を見直すのもよろしいかと思います。

預貯金や退職金でゆとりがあるようでしたら、個人年金保険等で資産を運用するのも効果的です。

医療保険

 

がん保険

個人年金保険

 

介護保険

 

介護

自分への保険を見直し、相続に備えて

201410715107.jpg

平均年齢が高くなり、年齢とともに病気のリスクも高まり、場合によっては介護の可能性もでてきます。医療保険や介護保険でしっかりと備えておきましょう。

預貯金や土地等の総資産が多い方は、遺された配偶者やお子様への相続税に対する対策を考えるとよろしいかと思われます。

医療保険

 

がん保険

個人年金保険

 

介護保険

自動車の購入 住まいの購入

自動車の購入や、住まいの購入は人生の中で高い『買い物』の部類になるかと思います。
『購入』がメインではありますが、購入した後に起きた事故に対しての補償も考えておく必要があります。

自動車の場合

 

自動車 1

  • 自分のケガの治療や車両を修理する費用
  • 相手がいた場合の相手方へのケガや修理費
  • 事故や故障時のレッカー搬送の費用  等
 
自動車保険のお見積もり試算ができます!
<!-- 自動車保険の見積もり試算のページへジャンプするバナーを貼って下さい。 -->
 

住まいの場合

 

20141129135917.jpg

  • 被害に遭った場合の補償される金額
  • 鍛冶以外の補償がどのようになっているか(自然災害や盗難・水濡れの補償はどうか
  • 地震に対しての補償はされているのか
その点を踏まえて保険契約を進めていくとよろしいかと思います。

 

疑問・ご不明点がある、現在ご契約している補償内容を見直したい方はお気軽に当社までご連絡下さい。

就職・結婚・出産

就職

万が一の病気やけがの保障をメインにお考えを!

2014107153232.jpg

就職が決まって社会人になったばかりの頃は、年齢も若いこともあり、病気やケガで入院するというのはなかなか想像しづらいものです。
とはいえ、仕事に慣れるのに時間がかかって残業が増えたり、これまでの生活リズムと異なるので体調を崩しやすい時期でもあります。
徐々に仕事を任されて仕事量も増え、同じように残業が増えたり生活リズムが変化する方もいらっしゃるかと思います。
 
万が一、入院や手術が必要となった場合に備えて医療保険やがん保険の加入検討をしてみるとよろしいかと思います。
 

医療保険

 

がん保険

個人年金保険

 

介護保険

 
 

結婚

家族のために遺しておきたい保障のお考えを!

2014107153446.jpg

パートナーや家族が増えるということは、自分が万が一のことがあった場合のことも考えなくてはなりません。

夫婦共働きであれば、どちらかに万が一のことがあってもすぐに生活ができなくなる可能性は低いと思われますが、世帯主の方しか収入がない場合、遺された家族の方の生活が不安定になってしまいます。

万が一の時にかかる費用やその後の家族の生活費などについて、結婚を機に生命保険の加入を検討しましょう。

併せて、パートナーの方が加入している保険も独身時のままの場合、もう一度保障(補償)を見直しもいいタイミングかと思います。

医療保険

 

がん保険

個人年金保険

 

介護保険

出産

生命保険の上乗せ・子育て費用の準備を!

2014107153613.jpg
お子様が増えるということは、お子様がいない時と比べ、さらに世帯主の方への責任が増すということです。
万一の時のため、遺された家族の生活費と子供が独立するまでの養育費を準備できるよう、現在加入している生命保険の保障額を見直すことが必要です。
場合によっては生命保険の上乗せのご検討も必要かと思います。
あわせて、将来必要となる教育費や養育費の準備も始めましょう。
お子様の将来の学資金準備のためには、保障と貯蓄を兼ね備えた保険商品を検討することをおすすめします。
 
 
ページ上部へ