ホーム>ライフステージに応じて選ぶ・見直す>こどもの独立 退職 老後
ライフステージに応じて選ぶ・見直す

こどもの独立 退職 老後

子どもの独立

子どもが独立したら、今加入中の保険の見直しを!

201410714328.jpg

子供の独立にともない、お子様に対しての教育費や生活費の負担が軽減されます。お子様がご結婚されると、今後は配偶者と二人の生活となる方も増えてくると思います。

どちらかに万が一のことがあった時に、相手が生活に困らない程度の生活費を確保しておきましょう。
加えて、年齢的に病気やケガのリスクが増してくる時期でもあります。医療保険やガン保険などでしっかりと万が一の備えをしておきましょう。
 
お子様に対して契約していた保障をしていた保険を見直して、保険料を個人年金や介護に対しての保障に付け足すのもよろしいかと思います。

 

医療保険

 

がん保険

個人年金保険

 

介護保険

 

退職

退職後の収入減や病気介護に備える

201410715831.jpg

退職後は定期的な収入が無くなり、これまでの貯蓄と公的年金を中心とした生活となります。毎日の生活リズムもこれまでと大きく異なり、ライフスタイルも変化します。

ゆとりある老後生活の準備と介護への備えをするとよろしいかと思います。

これまで加入してきた医療保険やがん保険を見直すのもよろしいかと思います。

預貯金や退職金でゆとりがあるようでしたら、個人年金保険等で資産を運用するのも効果的です。

医療保険

 

がん保険

個人年金保険

 

介護保険

 

介護

自分への保険を見直し、相続に備えて

201410715107.jpg

平均年齢が高くなり、年齢とともに病気のリスクも高まり、場合によっては介護の可能性もでてきます。医療保険や介護保険でしっかりと備えておきましょう。

預貯金や土地等の総資産が多い方は、遺された配偶者やお子様への相続税に対する対策を考えるとよろしいかと思われます。

医療保険

 

がん保険

個人年金保険

 

介護保険

ページ上部へ